まつの接骨院 長野県飯田市千代にある標高600mの接骨院

37 春の肩甲骨(観察)
四季のある日本で暮らしていると、自分の身体が季節の移り変わり、
自然環境に応じて適応してゆく…のはご存知でしょうか?

寒い冬は、冷えや乾燥で身体は丸く縮こまり閉じがちです。
そして、春の暖かさが増すにつれ少しずつ弛み開く変化が訪れます。
春は、身体の内側の働きがどんどん活性化し始めるのです。
皆さんはそんな自覚ありますか?
そのような変化の一つに肩甲骨の動きがあります。

肩甲骨とは…
両手をぐるっと背中に回し
肩の下辺りに出っ張っている骨があるのが分かりますか?
それが「肩甲骨」です。
では 観察してみましょう!
…といっても 自分で自分の肩甲骨を鏡で見ようとしても体をねじる必要があるので
左右差を確認することは難しいです(^_^;)
ですから、どなたかに確認してもらってください。
肩の高さはどうですか?
肩に対して肩甲骨の位置はどうですか?
左右対称になっていますか?
肩を回してみて どちらの肩が動かしやすかったですか?
冬の寒さで縮こまっていた身体が弛み開きだす時
その変化は左右対称に在るものでも
同時に起こるとは限りません。
左右差が現れやすいのもこの時期の特徴です。
その変化には様々な症状を伴うことがあります。
首や肩・背中の張りや痛みなどなど…
ヒトの身体は、意外と左右対称ではないものです。
見た目ではよくわからなくても、触れてみると感じとれます。
人それぞれの身体が持つ傾向で、動きやすい方や動きにくい方があったり、
すでにクセとなって片側だけ固張ってしまったり…ということもあります。
さて、左右の肩の高さを比べた時
ご自分の肩甲骨は、どちらの方が高く上がっていましたか?
盛り上がったり、出っぱったりしている角度の差はいかがだったでしょうか?
次回は、肩甲骨を動かしてみましょう…