まつの接骨院 長野県飯田市千代にある標高600mの接骨院

20 自律神経

自律神経は交感神経と副交感神経という
正反対の働きをする2つから成り立っています。

自律神経と筋肉
自律神経と筋肉は、とても深い関係があります。
活動している時やストレスを感じている時は、交感神経がはたらき
筋肉が緊張して固くなり、血管が細くなります。
→血管が収縮するので 血液の流れを良くしようと 血圧を上げます。
環境の変化も とっさに対応できる状態です。
逆に
リラックスしている時や休息している時は、副交感神経がはたらき
筋肉の緊張がほぐれて柔らかくなり 血管は広がります。
→血液が流れやすくなり 血圧が下がって安定します。
ゆっくりと栄養や酸素を全身に届けて、体をじっくりと修復します。

自律神経の乱れ
例えば…ストレス
様々なストレスを受けることで 交感神経が活性化
                  ↓
               筋肉がかたくなる
                  ↓
            栄養・酸素・体温が運ばれなくなる
                  ↓
              体の修復がすすまない
                  ↓
               何らかの不調

交感神経ばかりがはたらいてしまい、体の修復が追いつかなくなって
さまざまな不調があらわれてくるのです
これをみると 副交感神経の方がいいように思えますが
大切なのは、両方がバランスよくはたらくことです。

当院では…
筋肉を緩め 体の歪み・捻れ(ゆがみ・ねじれ)を戻し 全身のバランスを整えていく事を
基本としています。
それは、全身の血流を改善させ 筋肉中の疲労物質や老廃物をはやく回収させ
リラックスできる体へ(副交感神経の働きを)促していきます。
そして、自律神経のバランスを回復させ
睡眠により疲労回復できる体に整えていきます。
整体の他…
自律神経のバランスを回復へと導いてくれる 磁気シャワー療法 もご参照ください