まつの接骨院 長野県飯田市千代にある標高600mの接骨院

30 妊婦さんの腰痛
妊娠前から腰痛があり、鍼治療をされていた。という妊婦さんが
腰が痛くて…と来られました。

27歳 妊娠3ヶ月の初産婦さんです。
妊娠3ヶ月というと…
妊娠初期(1〜4ヶ月)で、安定期に入る前の不安定な時期でもあります。
そんな時期にこそ発揮される操法が共鳴法です。

共鳴法とは…
手に多くある共鳴点(ツボのようなもの)に触れ
筋肉を緩め 骨の位置をゆっくりと整える操法です。
優れていると感じる点は
間接的であり低刺激、身体への負担を最小限に行えるという事です。
そんな事を知ってか知らずか…ご紹介により、何の不安もなく来られました。

観察
仰向け・座位で状態を診てみますと…
恥骨の骨が大きくズレていました。これはすなわち骨盤の捻れを意味します。
これは腰に痛みが出るでしょう…
早速、共鳴法を使い恥骨を調整します。
―といっても
共鳴点を指先でそっと触れ、数秒?数分寝て待つの繰り返しです。
その後は、操体法(橋本敬三さんが作り上げた方法)を使いました。
立位で骨盤を左右に動かしてもらう
動きが悪い方から → いい方へ動かす
何度か行ってもらい本日は終了。
文章にしてみると、えらく簡単になりましたが
痛みは…
初日は半分ほど軽減し
2回目は更に軽減したとの事でした。
その後は、骨盤の調整に来られ母子共に順調であります。
現在も継続中です