まつの接骨院 長野県飯田市千代にある標高600mの接骨院

43 子宮筋腫が移動した?

今回 私、京都から接骨院のお手伝いに参りました。

その時、治療に来られていた 50歳 女性の方の症例がとても興味深かったので書かせて頂きます。

今から 1ヶ月ほど前に 腰痛や足の痛みの症状で来院されました。
来院時の体の傾きはひどく 腹部には握りこぶし以上の大きな子宮筋腫がおへそのラインより右側に大きく出っ張っていたそうです。
お腹まわりは、カンカンに皮膚が張った状態で筋腫もゴツゴツしたように硬かったそうで 想像しただけで息が苦しくなりますね。

子宮筋腫は、随分前からあったそうです。

特に出血等の症状もなく、経過観察で様子を見ている間に今の大きさにまで成長したとか…

体の変化

治療開始して1日目から、腰や足の痛みが軽減していったそうです。
週1〜2回のペースで来られていて、体の傾きが随分改善されたころまずその短期間で 3キロ以上体重が減った!
そして 筋腫がお腹の中心に移動してきた!
さらに お腹まわりの皮膚は柔らかく、触れる筋腫も柔らかくなってきたそうです。
ご本人も 本当に驚かれていて 大変喜ばれていました。
私たちにとっても その喜びの声が 何よりの励みになります。
筋腫に変化があるかは わかりませんが…と治療の終わりに お腹を愉気させていただいています。

体が整うと 痛みや不快が軽減し代謝が良くなり 体重が減少する

偏っていた筋腫の位置が骨盤が整うことで真ん中にきた!という理解はできますが、柔らかくなって小さくなって…
となると、やはり愉気の不思議な力を認めざる得ませんね。

筆者 : 松野 祐子