まつの接骨院 長野県飯田市千代にある標高600mの接骨院

6 寝る姿勢
私たちは、人生の約1/3 寝ているといわれています。
皆さんはどのような姿勢でよく寝ていますか? 
ちなみに・・・
私は 妻に「最近 うつ伏せで寝ることがないなぁ」と言われました。
30代の頃は、必ずうつ伏せで寝ていたというのです。
自分では、全く気がつきませんでした。
その頃の体調を振り返ると…
20代〜30代 若さにかまけて 大変カラダを酷使していました。
そのしわ寄せでか心臓の調子は悪く(不整脈など)
内臓もあちこち弱っていました。
(それを思うと、今は随分とカラダが若返りました!)
そのことが、うつ伏せと関係あるのかは解りませんが…
起きている時は、自分で意識して姿勢をとることが出来ますが
寝ている時は、ほぼ無意識で姿勢をとっています。
寝ているときの姿勢について・・・ふと考えさせられることがありました。

60歳女性の方が、左のお尻と左くるぶしの辺がしびれて痛いと来られました。
いつものように、全身のバランスを整えていきました。
その時は、楽になる…でもまたしびれてくる…の繰り返しで
しばらく続けて来て頂きました。
ある時、「私は、いつもうつ伏せで寝ています。」と言われました。
その体勢とは、
うつ伏せになり 片足の膝は曲げ 上の方に引き上げるような格好で
毎朝、その姿勢で目覚めるとの事です。
(寝ている間の時間で、どの程度その姿勢になっているかは不明ですが…)
想像してみてください…
タオルの片方を固定して、もう片方をねじると固定していた方にもねじれが伝わりますよね。
それと同じ状態で
うつ伏せで寝ている状態は、頚椎・胸椎・腰椎にねじれが生じている状態にあると考えられませんか?
私は、常づね 日常生活での姿勢が与える体への影響を患者さんにお話してきましたが
寝ている時の姿勢で 体のバランスがどのような影響を受けるのか…等は
あまり考えたことがありませんでした。
もちろん、寝入ってしまえば本人のコントロールはできないでしょうし難しいですから…と
分かっていながらも、
一度 寝る前に、うつ伏せ以外の姿勢をとって頂くようお願いしてみました。
すると、しびれの状態が強く? なかなか整えきれなくなりました
寝る姿勢で、何か身体に不都合な事が起こっている?と思い 前の状態に戻してもらいました。
その後 しばらく通って頂き しびれや痛みの症状はかなり軽減しました
(症状は軽減しましたが、寝ている時の姿勢は変わらないようです)

人生の約1/3も寝ているのですから
その時間にとる姿勢が身体に与える影響は大きいと思うのですが
はっきりとしたことは解っていないようです。

人のカラダは、まだまだ解っていない事が多いですね
とりあえず どんな寝方であれ 毎日 良質な睡眠をとることが 大切です
当院では、磁気治療効果を得ることができる寝具等を
お取り扱いしております。
お気軽にご相談ください