まつの接骨院 長野県飯田市千代にある標高600mの接骨院

7 シンスプリント
 〜 スネの痛み 〜

シンスプリントとは…
シンスプリントというスポーツ障害があります。
脛骨過労性骨膜炎ともいい、下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みが発生する症状。
(すなわち、足のスネの真ん中にある骨の 内側部分に痛みが出る)
骨折した時のような激しい痛みではなく、鈍痛なのが特徴です。
年齢は10代〜40代。 特に16〜17歳ぐらいに多くみられるようです。

高校一年 陸上部の男の子が来られました!
トレーニング中 足のスネに痛みがあり 病院で シンスプリントと診断を受け
安静で様子をみていたが、痛みがおさまらない…と来られました。
過去にも、シンスプリントの方を治療してきました。
今までは、足関節を引き抜いたり 膝の修正をしたり…
そして 電気療法・温熱療法を行なっていました。
それなりの結果は出ていました。
しかし…
現在は、より患者さんへ負担をかけない 超ソフトな操法を行い
かつ成果をあげることが出来ています。

早速 観察です
脚の観察   脛骨と腓骨の開きを調べます。
観察方法
仰向けに寝てもらい、膝下から足首にかけて両方の下腿部(スネ)を
わしづかみ風に握ります。
足の太さ・張り・痛み等の有無や左右差を確認
痛みがあったり、太さや張りがある方が開いています。
次に、腓骨頭の左右差をみます。(足首の外側にポコっと出ている骨)
開いているであろう方は、若干外へ出っ張っている感じがします。
これで だいたい開いている方を推測します。
後は…  脛骨と腓骨の開きを閉める操法(母趾操法)を行います。
(これだけでも 痛みがなくなる場合もあります)
興味ある方は奈良整体の朱鯨亭Hpを御参照ください
この方は、足部の修正・膝と骨盤の修正も行い
痛みは ほとんどなくなりました。
この方法は 足にシビレのある方にも有効です。
(長野は遠い…という関西の方 京都の方へどうぞ)

<追記>その後 3日おき位に3回来られ 痛みは 無事なくなりました。
                 陸上 頑張ってくださいね。